猫系彼氏欲しい女性が語る「猫系男子」の特徴

猫系彼氏欲しいと思っている女性も多いことでしょう。
近年現れ、話題になっている猫系男子ですが、どういった特徴を持っている男性を猫系男子や猫系彼氏なんて呼ぶのかなんて、今更聞くのは、馬鹿にされそうで恥ずかしいという女性もいらっしゃることでしょう。

ここでは、猫系彼氏欲しいと思っている女性が語る猫系男子の特徴について紹介をしていきましょう。

猫系彼氏の特徴:良くも悪くも自己中心的

猫系彼氏欲しいと思っている女性ならば、猫系男子の特徴をしっかりと把握しておきましょう。
猫系男子のことをたった一言で表すのであれば、自己中であるということです。

自己中といえば、性格が悪い特徴の代表と敬遠する女性も多いでしょうが、マイペースや独自の世界観を持っている。
ミステリアスで掴みどころがないため、飽きないといった良い面も持っているのです。

恋愛のドキドキを感じたいとか、燃えるような生涯に一度の熱い恋を味わいたいと思っている方には、オススメと言えるでしょう。

猫系彼氏の特徴:流行りだからといって手を出すと‥

猫系彼氏が流行っているからといって、特徴を持っているからと、彼氏に欲しいと逸ってしまうと、後に後悔することになるでしょう。
ですから、欲しいと走る前に、しっかりと彼らの特徴を把握しておく必要があるのです。

彼らの一番の特徴は、魅力は高いけれど、掴みどころがなく、取り扱いが難しいということです。
基本的に社交的ではなく、自身の世界に閉じこもるような閉鎖的な要素が大きいため、感情表現などが分かりづらく、誤解してしまうこともしばしばです。

ある意味で恋愛というものを謎解きゲームや駆け引きを楽しみながら、それぞれが独立した人間としてつかず離れずのいい距離感を保ちつつ、築き上げていくようなスタイルが良いという方には、最高のパートナーと言えるでしょう。

猫系彼氏の特徴:終始構ってはくれない

他にも自分の時間を重要視しているため、いつも一緒にいなければダメだというような恋愛依存体質の持ち主には、満足出来ないタイプかもしれません。

パートナーとの時間も大事ですし、一人の時間も大事。
更に友人や仕事仲間との時間だって大事なのです。
それらの人間を一挙に集めて、皆で楽しくやろうぜというような人と人とをつなぐようなコミュニケーション能力はありません。

ですから、それぞれの時間を大事にしてあげられる方には、向いていますし、彼らと同様にそういった恋愛観の持ち主だったり、終始一緒にいられたり、束縛は最も嫌だし、プライバシーも守ってほしいという方にはオススメです。

猫系男子と相性がいいのは?猫系女子VS犬系女子

猫系男子を彼氏にしたいと思っている女性は多いと思います。
しかしながら、取り扱いが難しく、個性的な猫系男子を落としたり、その後に恋愛関係を継続させていける女子というのは、なかなかに存在しないものです。

男性同様に女性に関しても、犬系女子と猫系女子にカテゴライズすることが出来ます。
それぞれの特徴は、男性のそれと同様と言っても過言ではないわけですが、この猫系女子と犬系女子とでは、どちらが猫系男子と相性がいいのでしょうか。

ここでは、猫系男子と相性がいいのは、猫系女子か犬系女子かについて紹介していきましょう。

猫系彼氏・男子は束縛されるのが苦手

猫系男子の特徴としては、恋愛においても、人間関係などについても、とにかくルールに縛られたりなどして、制限されるというのが大嫌いな種族なのです。

犬系女子か猫系女子か以前に、このように恋愛の中でルールを設定し、例えば1日に何通はメールなどのコンタクトを取ってくれなければ嫌だであるとか、その他にも、異性のいる飲み会には参加禁止といったような細かなルールを設定するような恋愛を望んでいるような女性の場合には、この手の男性からは、天敵と呼んでもおかしくないくらいの恋愛対象外な異性として認識されることでしょう。

猫系彼氏・男子はツンデレ

他にも猫系男子の特徴としては、人が嫌いと言っている割には、かまってちゃんな一面も持っているのです。
かまって欲しいと思った時には、徹底的にかまって欲しいし、これでもかというくらいにイチャイチャとして欲しいと願っているものなのです。

こういった自己中心的な考えを理解出来ないというタイプの女性は、犬系女子であろうと、猫系女子であろうとダメでしょう。相性がいいと言えるのは、こういった勝手気ままな男性のその場その場の感情など、空気を読み、的確に望んでいることを提供してあげられる洞察力の高い女性です。

結局どちらと相性がいいのか

こういったことを見ていくと、犬系女子か猫系女子のどちらが相性がいいのかといえば、空気の読める所や、自由奔放なパートナーでも、じっと帰りを待つというスタイルが出来る犬系の方に軍配が上がると言えるでしょう。

確かに自由奔放にされている間は、悲しい思いもするし、自分の存在意義を疑ったりと、苦しい状態が待っていることでしょう。
しかしながら、時折来るであろう構って欲しい時期が来た時には、これ以上もないようなご褒美タイムが待っているわけです。

注意点としては、放置されっぱなしにはされず、適度なコミュニケーションは取っておくということです。

猫系男子(彼氏)からモテる女子がよくする3つの行動とは?

予測できない行動を取り、ミステリアスで興味が尽きないなんて人気が高い男性の特徴が、猫系男子ですね。
どうしても猫系男子を彼氏にしたいと思っているものの、そもそもが人付き合いなどは苦手な猫系男子であり、インドアが好きという特徴があるために、人気や定番のスポットなんて場所には、出没してくれないなんて悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

猫系男子と遭遇出来ただけで、それはもうスペシャルなことなのです。
このチャンスを逃してしまうと、次はいつチャンスが巡ってくるかは怪しいもの。
そこで、ここでは猫系男子からモテる女子がよくする3つの行動を紹介していきましょう。

猫系彼氏欲しいなら必死にアピールをしない

猫を見てみても分かる通り、こちらが可愛いと近づいていくような行動を取ると、向こうはそっぽを向いたり、逃げていくというアクションを取るものですよね。
彼らもこれと同じなんです。

基本的にしつこくアプローチされたり、アピールするといった行動を取ると嫌われてしまいます。
ですから、この手の男性にモテる女子というのは、基本的にはガツガツとアピールなどはせず、控えめな態度を取り、見守っているようなスタイルを取っているものです。

猫系彼氏欲しいなら相手に合わせる

他にもこの手の男性からモテる女子の行動としては、相手に合わせるアクションを取っていることが多いです。
彼らは、自分の中で関心や興味があること以外には、非協力的です。

ですから、相手の興味や関心を抱くことをしっかりとリサーチして、会話やアクションも彼らに合わせるといったことをモテる女子は行っているのです。
近すぎるのは鬱陶しいと思われますが、逆に相手と同じように興味や関心がありませんといった線引きをしてしまうと、仲良くはなれないのは当然です。
つかず離れずの距離感を保ち続ける女子こそ、彼らにモテる女子の筆頭格になるのです。

猫系彼氏欲しいなら焦りを見せない

彼らは異性はもちろん、同性とも仲良くなるのには、時間が掛かるという特徴を持っています。
自分のペースというものがあり、気分というものがあり、それらを考慮したアクションを起こしてくれない同性や異性には、好意を抱くことはまずありません。

そして相手がどういった人間であるのかを判断するまで、じっくりと観察をするのです。
ですから、ガツガツとアプローチをしてきて、焦りを見せるような女子には、興味を持つはずもなく、そういった女子はむしろ嫌いな物類に入るのです。
こういったアクションを注意して行っていきましょう。

猫系男子と恋愛するときに気を付けるべきポイント

猫系男子と恋愛をしたいと思っても、実際に恋愛をした経験がある女性に聞くと、非常に苦労を強いられるようです。
猫系男子の恋愛では気を付けるべきポイントというのが沢山にあるものなのです。

ここでは、猫系男子と恋愛した女子に送る、猫系男子と恋愛する時に気を付けるべきことについて紹介していきましょう。

ワガママを聞いてあげるのが基本

猫系男子の特徴としては、やっぱり自己中心的でワガママ放題であるということです。
遊びたいと自分が思った時には、遊んでくれないと不快感を顕にしますし、逆に一人きりになりたいと思っている時には、こちらが遊ん欲しいと懇願しても、プイっとどこかへ行ってしまうわけです。

こういったことをワガママと思わず、思い切りワガママ放題にしてあげましょう。
相手ありきでご主人様が第一といった犬系の人間とは違い、猫系は、とにかく自分が世界の中心であるという考えなのです。
ですから気を付けるべきポイントとしては、やはりワガママを聞いてあげることなのです。

相手からの表現を待たないこと

その他の付き合い方のポイントとしては、相手からの表情や言葉などの感情表現や、欲求表現を期待してはならないということです。
犬はといえば、ご主人様が帰宅するや、部屋中を駆けまわり、ご主人様によっていき、しっぽをぶんぶんと振って、嬉しさを表現してくれるものですから、分かりやすいですよね。

しかしながら猫の場合には、感情を表に表しません。
本音も言わず、嬉しいのか悲しいのか、傷ついているのかすらも相手に見せないようにするのです。
こういったタイプなのですから、それを改善させるということは辞めましょう。

逆に女性ならば洞察力の高さを利用し、相手がどんなことを欲しているのか、今どういった感情でいるのか。
どういったモードに突入しているのかなどを察知するのが、気を付けるポイントと言われています。

気まぐれなことを理解する

つい1時間前までは、外で遊ぶ気持ちが一杯だったのに、突然に面倒くさいから行きたくないなんて状態になるのが、猫系の特徴です。
こういったものを理解して、それに合わせるのが大変だと、不平や不満を言っていると、あっさりと他に居心地の良い相手を探してそちらの方へと乗り換えられてしまいます。

居心地が良ければ、特定のパートナー一人ではなく、他の女性へと近寄っていくこともしばしばです。
こういったものを無理やり押さえつけようとしても無理。
ここは待ち、やっぱり自分が一番居心地が良かったと戻ってくるまで待つのが気を付けるポイント
です。

ツンデレ猫系彼氏との付き合い方

猫系男性とは言っても、その種類は様々に存在しています。
猫系といえば、飛びつくといったようなアクションは、その恋愛関係を築いたことを後悔するだけです。

本当に自分とマッチした猫系男子を彼氏にするようにしましょう。
様々に多い猫系の中でも、何気に女子に人気が高いとされているのが、ツンデレ猫系彼氏と呼ばれるジャンルの男性です。
このツンデレ猫系彼氏は、彼女欲しいと思っていても態度には出さなかったりするので、何気に取り扱いが難しいものです。

ですから、ツンデレ猫系彼氏の特徴を押さえた付き合い方を覚えて恋愛関係を築いていきましょう。
ここでは、ツンデレ猫系彼氏との上手な付き合い方を紹介していきましょう。

ツンデレ猫系彼氏の特徴

猫系男子の中でも、何気に人気が高いのが、ツンデレ猫系彼氏です。
他人との距離感が近すぎるのは嫌だと公言しているし、基本的には、一定の距離感から接近されるのは、嫌いという態度を取っていることが多いです。
しかしながら、時期なのか、気持ちの変化なのか、とにかく構って欲しくて仕方がないという時があるのです。

こういう時には、普段の態度が嘘のようにこれでもかというくらいに甘えてきます。
イチャイチャも当然に要求してきますし、本当に餌が欲しい時や、構って欲しい時に寄ってくる猫のようなアクションを起こすのです。

猫系彼氏との付き合い方ポイント

付き合い方のポイントとしては、やはり構って欲しいと思っている時と、そうではない時との相手の態度や表情の違い。
他にも言動や行動などの違いといったものを察知することが出来るかどうかということです。

向こうが賢者モードであり、一人になりたいモードになっているような状況で、イチャイチャと接近していっても、鬱陶しいと思われてしまうだけです。
付き合い方として重要なのは、余計な一言を言わせないということです。

そのために普段から、賢者モードの時と、甘えん坊モードの時の特徴を掴んでおき、いちいち彼氏に要求を言わせることなく、察知する洞察力が重要になってきます。
男性では難しいと言われている洞察力ですが、女性には、本来生まれながらにして高く備わっている能力と言われています。

猫系彼氏には一人の時間を確保してあげる

彼氏欲しいのであれば、一人の時間を確保してあげることは、絶対に忘れないようにしましょう。
基本的には、ツンデレのツンの時間の方が長いわけです。
時折やってくるデレの状況が、最高の幸福感を得られるわけです。

彼氏欲しい 飲み会はおすすめできません。
デートなどの時も、なるべく一人や二人だけの空間を確保出来るようなデートプランが好ましいですね。